治るまで辛いうつ病の症状

不調の症状があったらすぐにケアすべし|うつのサインを見極めろ

このエントリーをはてなブックマークに追加

身体の不調が兆しになる

カウンセリング

身体と精神面のつながり

気分が落ち込んで、周りのものに対して無関心になったり、面倒に感じるようになってくるのは日常によくあることです。注意力が散漫になって、人の話を聞いたり相手になって話をすることさえ嫌になることも疲れている時には現れる症状です。また夜寝られないと思いながらなんとか寝ても、何度も夜中に目が覚めたり、寝ても疲れが溜まったままで起きると倦怠感を感じることも、忙しい毎日の中ではしばしば体験することです。そのうえ、便秘や頭痛、胃痛が重なれば、病院へ行って何らかの処置をしてもらい、薬を処方してもらって家で静養することになります。しかし、これらの症状にはうつが原因になっていることも多いのです。実際にはうつなのに、内科の診療を受ける人が半数以上はいるといわれています。その症状は、精神面と身体面の両方に現れます。どちらかを切り離して考えることはできません。過度に緊張して神経質になると、胃が痛くなったり頭が痛くなったりすることは誰にでもあることです。精神面の不調は、神経系やホルモンバランスなどに大きく影響を与えるからです。もちろん頭痛や胃痛が常にうつと関係があるということではなく、その可能性があるということを示唆しています。このような身体の不調はうつの初期・中期に見られます。その後症状が進行すると、うつ特有の精神的な不安や孤独感が高まって、ひどくイライラしたり落ち着きなく動き回ったりという行動が出てきます。重症になると、仕事を辞めたり離婚したり、生きていく希望をなくして消えてしまいたいと思うようになるのです。

発症の原因と気づき

うつであるかどうかは症状の程度や生活への影響によって判断できます。うつの発症は、ものの考え方や生活環境、日常のストレスが複合的に重なったときに、脳内の神経伝達物質が減少したり働きが鈍化して起きると考えられています。セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンの3つの神経伝播物質のバランスが崩れてうまく機能せず、不安や焦燥感が募ったり、意欲や活動が低下することにつながっていくのです。このような症状が出てくるのには、何かきっかけになる事柄があります。ショックな出来事や予期しない人の死、生活環境の激変など、過度のストレスが引き金となって、脳内の神経伝達物質のバランスが崩れてしまい、活動のエネルギーが枯渇して様々な症状となって現れてくるのです。しかしうつの症状が悪化していることに本人は気がつかない場合が多くあります。どんどん追い詰められていく状況で、その兆候に気づいてあげられるのは家族や周りの人々です。家でぼんやりして、好きだった趣味にも興味を示さず、食欲もないような時や、職場でいつもよりミスが多く、集中力が低下してイライラしている時は、うつのサインである可能性が高くなります。高齢者の場合には、食欲減退ではなく過食になったり、睡眠不足より睡眠過多になるうつの症状もあるので注意が必要です。自分がうつではないかと思う場合には、診断チェックなどの簡易な方法もあるので思い当たる節がある時は早めにチェックし、医師の診断を受けることが大切です。また周りの人は、できるだけ早く本人が出しているうつのサインを見極めましょう。

冬にかかりやすい病気

看護師

うつ病の種類の1つに冬季うつというものがあり、その名のとおり冬になりやすい病気といわれています。太陽の光を浴びる時間が少ない人がかかりやすく、その症状は集中力の欠如から作業に取り組みにくくなり悲観的に感じてしまうようになるものです。

もっと読む

効果的に治療するために

うつむいている人

うつ病の症状には様々なタイプがあり、主なタイプのメランコリー型と非定型では、それぞれのタイプにより対策のポイントが異なり、心や身体の改善方法も異なります。適正に判断して対策に取り組むことが重要になりますので、なるべく早く専門家の診断を受けて、適切な治療に取り組むことが大切です。

もっと読む

産後は気を付けよう

悩む女の人

うつ病の種類の中に産後うつというものがあり症状が現れる人が増えています。出産後に発症する病気で、子育ての悩みや不安、そのほか夫が育児に参加してくれないなど精神的に負担がかかりうつ状態となってしまうのです。

もっと読む