女性

不調の症状があったらすぐにケアすべし|うつのサインを見極めろ

このエントリーをはてなブックマークに追加

冬にかかりやすい病気

看護師

早起きは三文の徳

うつ病にもいろんな種類があり、それぞれ種類によってその原因や症状も変わってきます。特に最近では仕事や学業の関係で室内にずっと閉じこもるように作業を行ない、時間が過ぎたころには日が暮れているという人が増えています。そのような人は「冬季うつ」という病気にかかりやすくなるといわれているため、気をつけなければなりません。冬季うつとはどのようなものなのかといいますと、その名のとおり冬にかかりやすいうつ病なのですが、場合によっては夏でもかかる可能性は少なからずあります。冬の時期は日の出の時間が短いこともあり、太陽の光を浴びる時間が少ないことから脳内のセロトニンの分泌量が少なくなり、脳の活性が弱まってしまうことからかかってしまうものです。その冬の時期にさらに室内での作業が多く、太陽の光を浴びる時間が少なくなれば精神的に不安定となりやすく、症状を引き起こす人が多くなってきているといいます。室内で作業が多い人にとってセロトニンの分泌はとても重要なこととなるので、そのような人は普段よりも早めに起きることが良い方法となります。1時間だけ早起きし、できることなら散歩に出かけることで太陽の光をふんだんに浴びることができ、脳内にセロトニンを分泌することができるようになります。それが難しいのであればベランダに出るだけでも太陽の光を浴びることができます。要は太陽の光を浴びる時間を増やすことであり、早起きしながら時間に余裕を作ることで生活習慣の改善にもつながり、精神的に安定感を保っていくことができるようになるのです。

ブドウ糖で脳を活性化

脳の活性化に役立つセロトニンは、太陽の光を浴びるのみで食材から摂取することはできないのかと考える人もいますが、食材からでも分泌させることは可能なので積極的に摂取するのが良いです。セロトニンは、必須アミノ酸の1種となるトリプトファンという成分を摂取することで分泌させることができるようになります。そのトリプトファンが含まれる食材にはブドウ糖があげられます。ブドウ糖は特に脳を活性化させたいという人に人気のある糖分で、冬季うつにかかりやすい状況に立っている人には良い効果を引き出すものとなります。冬季うつは、セロトニン不足となってしまっていることから発症するのではないかと強く考えられており、セロトニンを増やす働きを行なうトリプトファンは体内で自然に分泌される成分ではないため、外から摂取していかなければならず、十分な量を摂取していかなければ冬季うつの症状を緩和させることができません。冬季うつとなってしまうと集中することができにくくなり、情緒不安定となって仕事や学業になかなか取り組むことができない自分を責めてしまい、中には自殺につなげてしまうこともある危険な病気ともいえます。太陽の光を浴びない時間を増やすだけでそのような症状を引き起こしてしまうため、十分に気をつけなければなりません。ブドウ糖は脳の栄養成分が含まれる食材とも言われ、糖分を固形にしたものを販売している商品もあれば、ブドウ糖が含まれたチョコレートが販売されるなどいろんな形で摂取することができるようになっています。